Photo by Jorge Garcia on Unsplash

お茶の種類って緑茶・白茶・黄茶・紅茶・烏龍茶(青茶)・黒茶・・と沢山ありますよね。

この記事では、ぱっと見、白茶なの?緑茶なの?とお茶に詳しくない人やこれから始めたいのといった人向けに「安吉白茶」という中国茶について、このお茶がどんな物なのか、どんな歴史があるのか、価格帯はどんなものなのか等を記事にまとめてみました。

この記事がきっかけで、「安吉白茶」や中国茶・・お茶そのものにも関心を持ってもらえたら嬉しいです。

それではいってみましょうー。

スポンサーリンク

安吉白茶ってどんなお茶?

白茶と名前にはついていますが、茶葉の色が白味がかっている白葉種で作られている為「白茶」と名がつきましたが緑茶のひとつです。

お茶の産地で有名な浙江省安吉県が原産地。

茶葉の見た目がとてもすばらしく、丁寧に茶摘みされたものが等級が高いとされています。また、アミノ酸含有量が緑茶の中で一番多いため、非常に甘みが感じられるお茶です。

渋いのが苦手な方にお勧めできますね♪

緑茶の効能や効果につきましては、こちら のまとめ記事をご覧いただければ…と思います。

 

スポンサーリンク

値段はどのくらい?

こちらは幸いにも楽天に商品があった為、参考までにご紹介しますね。


出典:特級安吉白茶(とっきゅうあんじーばいちゃ)

こちらの商品は20g 1,890円です。

上記のお茶も中々なのですが、私のお勧めは下記の花郷さんのお茶です。2011年に受賞された茶農家さんが作っているお茶で、葉も大きさがそろっているし丁寧に茶摘みされたのが分かる一品だからです!


出典:中国茶 安吉白茶 30g【メール便可】

湯を注いだ後も若葉らしいつやつやした感じが見てとれますよね。

こちらの商品は、30g 2,160円 です。

どちらも決して安くはない商品ですが、飲んでみる価値はあるお茶です。ギフト用にするのもいいですね。

 

スポンサーリンク

おいしくいただくには?

繊細な新芽を使ったお茶なので、低めの80~85度ぐらいのお湯で2分程度蒸らしてからお飲みください。

大体茶葉は3g前後です。

耐熱ガラスコップなどにいれて、新芽の浮き沈みを楽しみながら飲むのもいいですし、お気に入りの茶器で淹れても楽しめますね。

茶器に茶葉を入れる前には必ず温めてからお使いくださいね。急激に開くとせっかくのいいお茶が台無しになってしまう可能性もあるので。

 

あなたのお茶選びの参考になれば幸いです。

 

お読みいただきありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事