teablossom*

旅・茶・旅行が好きなそよぎのライフログ

About

Teablossom*


tea「茶」・blossom「果実の花」で花茶を表す言葉です。

急須の中で花ひらく花茶のように、そこにあるだけでぽっと空気が華やいだり、ちょっとした工夫で「日々過ごす生活」が素敵なものになったり、そんな風に過ごせる時間を提供したいという願いを込めて「teablossom*」と名付けました。


運営者


名前:そよぎ
紅茶と台湾茶・旅が好きな人。


 

 

お茶との出会い


長く続けられる趣味が欲しいなって思ってた時、友人に「三国志」を勧められたんです。その中でお茶に関する記述があって、とってもおいしそうだったので「そのお茶が飲んでみたい!」と思いました。

 

でも、飲み方が分からないのと、自分で沢山買ってしまって「もし、まずかったらどうしよおおお(´・ω・`)」と不安でした。

 

で、専門店ならおいしいお茶が飲めるはず!!! と思って行ったのですが・・・

結果


講習会を12回?か受けないと飲めないことがわかりまして・・・。!

 

でも、先生のお話しに圧倒されてしまったのと、実際、授業が面白かったので、あっという間に講習会に申し込んでました。

ちょろすぎますよね(笑)

そんな訳で、中国茶についてどっぷり学ぶことになるわけですが・・

今思うと学生の時に紅茶を学んでいたり、身内や知人にお茶関係の仕事をしてる人がいたり、会社員になって、お客さんに振る舞ったりで・・身近に、いつもお茶があったんだなあーと思う事があります。

いままでも「いつもおいしいお茶をありがとう」や「おいしいコーヒーをありがとう」ってよく言われてたんですが、忙しいさなかのちょっとしたひと時を提供・・って言ったらおこがましいんですが;

そんな風に一息つける時間のちょっとしたお手伝いが出来るのはうれしいなって思ってたので、これからもそんな風に「何か」できたらって思って続けているのかもしれません。

私にできることは小さい事かもしれないんですけどね。

また、台湾も先生に連れていってもらったんですが、とにかくもう台湾の方がやさしくって、滞在中はもちろんのこと帰りの飛行機の中でも、とても親切にしていただきました。

いつか、そんな台湾の方にお返し?が出来るような何かが出来たら・・・と夢見ています。

とこんな感じの管理人が運営していますー。

 

当ブログの記事に関しまして


当ブログの記事に関しましては、個人的に見聞きした情報や書籍を元に細心の注意を払い作成しておりますが、情報が最新でない場合がございます。もしお気づきの点がございましたらメールにてお知らせいただければ幸いです。

写真はお借りしているものと自分で撮影したものが含まれています。素材屋さんの写真は、それぞれの素材屋さんの規定に従いお借りしています。私が撮影したものに関しては「そよぎ」に著作権があります。著作権は放棄しておりませんので、転用・転載などなさいませんようお願い致します。

 

 

 

 
Return Top