紅茶でアイスティーっていうとアールグレイが有名ですよね。

綺麗な水色で濁りにくいから、このお茶が選ばれているのをご存じですか?

アイスティーを作るのが苦手な人や綺麗な水色を出したい人にはもってこいなこの茶葉ですが、なぜカフェやレストランなどで紅茶を頼むとなぜか出てくるのか、そしてアールグレイって何なのか記事にまとめてみました。

この記事を読めばアールグレイに詳しくなること請け合いですよ?

それではいってみましょー。

スポンサーリンク

アールグレイってよく聞くけど?

アイスティーにしても、濁りにくいお茶と言われているブレンド紅茶の一つですが、ホテルや喫茶店・レストランなどで紅茶を頼むと出てくるのが多いのがこちらです。

かんきつ系のベルガモットの皮を入れて茶葉に香りづけしたこのお茶は、アールグレイという茶葉産地名前ではなく。。。

・ ダージリン茶葉にベルガモットで香りを付けたアールグレイ



・ アッサム茶葉にベルガモットで香りづけをしたアールグレイ

なんですね。

なので。。。購入する時にアールグレイ茶葉くださいとかいうと恥ずかしい思いをします(;´∀`)のでご注意ください。

主体になる茶葉や香りでさまざまに変わる

上記で触れたように、ダージリン茶葉やアッサム茶葉を使います。

ですが、基本的には多少、時期や品質によっても違いがあります。様々なメーカーや販売元があるように、質を安定させるためブレンドした茶葉を用いてアールグレイを作る場合もあれば、一つの種類(例えばダージリン茶葉など)を追求して作られた特別なアールグレイもあります。

また、ヨーロッパでは日常的に使われるミカン類のベルガモットという香料にも様々な種類があり、その種類によっても濃いや薄いなどの違いもあります。そのため茶葉とベルガモットの種類によっては味に大きな差が生まれてくる・・ということです。

飲むのにお勧めなのは、ミルクかストレートか?

はっきり言えばどちらも合います。またホットでもアイスでもどっちでもいけますね。

柑橘系の強い香りが苦手な方にはお勧めしませんが、ストレスを強く感じた時やほっと一息つきたい時には、逆にベルガモットのいい香りがとても心地よく感じますよ(*´▽`*)

ミルクにするならばちょっと抽出時間を多めにして、ストレートで飲むより若干濃いめにするといいですね。そのままでも、いい香りは持続しますがミルクで薄まってしまうため若干濃い目のがおすすめです。

おすすめミルクティーの作り方

お手持ちの茶器で簡単においしいミルクティーが作れる方法をご紹介しますね。

① ティーポットやティーカップをあらかじめお湯などを注いで温めておきます

② ①が充分温まったら中の湯を捨て、ティーポットに適量(人数・飲む分の茶葉 1人(杯)当たり=1ティースプーン)の茶葉を入れる

③ 沸騰した湯をティーポットにそそぐ

④ ティーコジーなければフキンなどをティーポットにかぶせ3~4分前後蒸らします

⑤ 室温に戻した牛乳を適量注ぎ、お好みで蜂蜜や砂糖・メイプルシロップなどを加えて

できあがりです!

牛乳(生乳を選んでくださいね)は室温に戻さないとせっかく適温な紅茶がぬるくなってしまうので要注意です。

それでも、もっと熱いのが飲みたい場合は、ロイヤルミルクティーの作り方同様に、茶葉を袋状の入れ物に入れ(下画像)鍋にそそいだ温まった牛乳の中に入れて煮出してくださいね。

出典:http://amzn.to/2yozS8Q

上画像や出典リンクから飛べます。参考までに。

どこのメーカーがおすすめ?

好みの問題も大きくなってくるのですが、お手軽に手に入れられるものだったらトワイニング社のトワイニング・ザ・ベストファイブがお勧めですね。

アールグレイの他にも、ダージリンやセイロンオレンジペコ・プリンスオブウェールズ・レディグレイなど色々な種類が入っているのでアールグレイも試したいけど他のも飲みたい・・て方にも手に取りやすいんじゃないかと思います。

参考までにリンクと画像貼っておきますね。

出典:http://amzn.to/2ylJXWC

こちらは、最初に勤めた会社で使用していました。

お値段もそこそこながら、お味もしっかりしていたので、来客用にもお勧めできる商品だと思います。仕事場だと中々リーフで・・・とはいかない為とてもありがたい商品でしたね(笑)

アールグレイだけほしいいい!って人はこちらからどうぞー。
画像がなくリンクのみです: トワイニング アールグレイ

200gで1,380円なんで中国茶よりお手頃価格ですね。因みにこちらはリーフティーになっているのでティーパックよりお得で1ポットで何杯でも飲めますよ。

本日もお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
おすすめの記事